忍者ブログ
  • 2017.05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.07
歴史

私がRailSimPIをを作り始めてから4年ほどが経ちました。

今日は私が今まで4代に渡って作ってきた東武8000系の画像を載せようと思います。。



まずは初代から

00000070.jpg
2009年 11月製

初の自作PIです。
RailSim本が出てから電車の作り方を知ったので本の通りに作りました。

これでも当時にとっては傑作でした。
しかし友人にボロクソ言われたので作り直しを決意


そして作った2代目

00000071.jpg
2010年 4月製

メタセコに少しずつ慣れ始め、また写真加工のテクスチャを使うことでだいぶ実車に近づいたと思います。
車体全体にアルファゼロを使っているため、近づいて見ると車体色と汚れとの境が目立ちます


そして今も公開中の3代目

00000072.jpg
2010年 11月製

モデルはほとんど2代目からの使い回しです。
この頃は高校3年間、毎日使った車両なので意地でも満足できる質にしてやろうと思い作った3代目
形式ごとの床下機器の違い、またウェザリングなど、今見ても結構頑張った車両だと思います。


そして製作中の4代目です

00000073.jpg
2012年製(製作中)

完全新規で作り始めたこの車両ですが、いつごろ完成するでしょうか。


今の視点で見ると初代や2代目など、ほとんどの箇所で突っ込みどころがあります。

しかし、当時としては自信を持って公開した車両です。
製作中にどこを頑張ったかなど、何も知らない他人に黒歴史と言われる筋合いはありません。




PIを作り続けるには、その作品のいいところを見ていかないとモチベーションが上がりませんからね。
これからも趣味として続けようと思います。

拍手[6回]

PR
【2012/12/13 00:32 】 | RailSim雑記 | 有り難いご意見(0)
<<東武30000系 その5 | ホーム | 東武30000系 その4>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>